ツーハーフの家 / 基礎に要の新工法

自由設計が可能
足元を固めて腰から家を支える、時代を先駆けた新発想!
「ツーハーフの家」は、高床式住宅です。
金物工法の良さと鉄骨造の良さを合わせ持つ「高耐力新金物工法」 が特徴です。

  • 安全を最優先する工法です。地震に強い高耐久性の住宅を実現しました。
  • メンテナンスがとても簡単な工法です。
    床下が高く給排水等の配管も一目瞭然、もしもの時も取り換えはいたって簡単に出来ます。
  • 基礎工事と構造躯体のみで既に100%の強度を発揮します。
    ローコストで新築を考える方には躯体のまま「スケルトン」でのお引渡しも可能です。

「ツーハーフの家」施工事例

「ツーハーフの家」が武蔵野に上棟しました。
その他の施工事例:「ツーハーフの家」 秩父の家

1.基礎工事

「ツーハーフの家」基礎工事完了
構造計算
「ツーハーフの家」は、全ての住宅の構造計算を行いますので、構造の安定に関する性能を明確に表示できます。幅200ミリのどっしりとした頑丈な基礎コンクリートは安心感も倍増です。

2.アンカーとの結合

「ツーハーフの家」アンカーとの結合
左はビス止め前ですが、アンカーとの結合は次の写真のように何本ものビスでしっかりと固定されます。
「ツーハーフの家」アンカーとの結合

「ツーハーフの家」基礎直づけ改略図

3.梁と梁の結合部分

「ツーハーフの家」作業中の梁と梁の結合部分

この工法は基礎に直づけした通し柱を基本とした柱勝ちの架構となっており、鉄骨構造の柱脚部分を固定する方法と同じです。

4.組立て完了

「ツーハーフの家」躯体の組立て完了「ツーハーフの家」躯体の組立て完了「ツーハーフの家」躯体の組立て完了

「ツーハーフの家」見学会「ツーハーフの家」見学会

5.工事中はお施主さんも奮闘されました

※クリックすると大きい写真が表示されます。元に戻すときは、X印をクリックしてください。

キッチン

キッチン
台所のタイルは、ご家族の皆さんが一日掛かりで貼りました。
ちょっと大変でしたがとても楽しく満足の行く出来栄えです。

壁の仕上げ

壁の仕上げ
一部屋だけ、壁の全てをお施主様の家族で仕上げました。

記念

記念
施工日の記念に家族の手形を壁に残しました

6.完成

※クリックすると大きい写真が表示されます。元に戻すときは、X印をクリックしてください。

外観

外観
窓を大きく、シャープなラインを生かしてスッキリした外観に仕上がりました。

外観

外観
窓を大きく、シャープなラインを生かしてスッキリした外観に仕上がりました。

屋上

屋上
武蔵野の町並みが一望できる屋上でのバーべキューが楽しみです。
富士山が見える屋上菜園作りはこれからです。

吹き抜け

吹き抜け
冬は南側の大きな窓から吹き抜けを通して1日中部屋に光が差し込んできます。
明るくて暖かい木のぬくもりが伝わってきます。
ツーハーフの家(工法)故に実現できた空間です。

リビング

リビング
ワンルームのLDKはキッチン、PC机、畳ベンチを一列に揃えた事で、奥行と広がりを感じさせる工夫があります。
カジュアルな天然木にシラス壁仕上げは、モダンでありながら落着いた雰囲気を巧みに引き出し、シンプルモダンを実現しています。

キッチン

キッチン
国産の自然素材に拘り、水に強い栗の木の無垢材を使ったキッチンです。
木工房の職人に直接依頼して安価に出来ました。
国産の無垢材ですから簡単に修理も出来ます。200年住宅ならではのキッチンです。

和室

和室
広い玄関土間(タタキ)は、障子を開けて畳の上に腰掛けることができます。
気取らないご近所付き合いが出来る場所です。
少し小さめの和室は、お茶を楽しむ部屋にもなります。

洋室

洋室
吹抜に面した南側のお部屋(写真右手)は障子戸が取付られ、日中は柔らかい光がお部屋に注ぎます。

階段室

階段室
階段は1階から屋上まで、スペースを取らない廻り階段にした事で、小さなお子様には安全で、かつ効率の良い間取りが実現出来ました。

その他の施工事例:「ツーハーフの家」 秩父の家

「ツーハーフの家」へのご用命、お問い合せは

株式会社エム・エー
電話:03-3765-3801 メール:info@ma-corp.jp

お問い合せフォームからもお伺いいたします。ご質問、ご相談などお気軽にお寄せください。