「秩父の家」

「ツーハーフの家」施工事例「ツーハーフの家」の詳細ページへ

arts&architectur
完成しました。

1階は横の広がり、2階は縦への広がり、そこにつながる階段周りの空間演出(設計)は素晴らしく、その縦と横の空間に配置された高窓は四季を映す額縁です。
特に窓越しに見る春の桜は絵巻物を見ているような錯覚をおこします。

パッシブとアクティブを生かした空調システム、エコ給湯、屋上緑化を取り入れたこだわりの住宅でもあります。昔大家族で生活するのがあたりまえだった頃、そんな住まい方が出来るゆったりとした雰囲気のお家が出来上がりました。

※クリックすると大きい写真が表示されます。元に戻すときは、X印をクリックしてください。

外観

外観

外観

外観

欄間に映える満開の桜

欄間に映える満開の桜

基礎工事が完了しました

基礎工事が完了しました

組立・全ての柱を確りと固定します

組立・全ての柱を確りと固定します

組立完了 上棟です

組立完了 上棟です

玄関から門に通じるアプローチです

玄関から門に通じるアプローチです
   

玄関ホールから階段と団欒の間を見ました

玄関ホールから階段と団欒の間を見ました

団欒の間からホールと庭を見ています

団欒の間からホールと庭を見ています
   

2階広縁の前室はシックな水屋がいいですね

2階広縁の前室はシックな水屋がいいですね

落着いた広縁は心地良い限りです

落着いた広縁は心地良い限りです

緑のバルコニーからは秩父連山が眺められます

緑のバルコニーからは秩父連山が眺められます

施工事例へ戻る